【煽り運転】カーシェアにドラレコは必要か?【もらい事故対策】

サービス全般

最近何かと話題のドライブレコーダー(通称:ドラレコ)ですが、

私が主に使うカレコやタイムズではまだ「標準装備」にはなっていません。

 

カレコ・カーシェアリングクラブとは?サービスや料金、特徴の説明
カレコ・カーシェアリングサービスの特徴をユーザー目線でまとめています。他社にはない割引プランや、実は最安ともいえる価格設定は魅力ですが、意外な欠点も。外車、とくに新型のメルセデスやジャガーといった特殊車両も魅力です。
タイムズカーシェア(旧:タイムズカープラス)とは?サービスや料金、特徴の説明
タイムズカーシェアリングサービスの特徴をユーザー目線でまとめています。魅力は何といっても全国展開。快速が止まるような駅ならレンタカー屋がないような場所でもあり、電車の旅行で「ちょっとだけ車」のニーズに答えます

 

カーシェアはレンタカーのようなものですし、ドラレコなんて必要でしょうか?

個人的な意見、体験をまとめておりますのでどうぞ。

 

 

カーシェアでもドラレコは必要!あれば全然違う

 

 

結論から言ってしまえば、ドラレコは必要です。

現在、家族のクルマや両親のクルマにも装備をしました。

そんなに事故をするの?ってわけではありません。

 

以前、仕事の関係で一日200-500kmクルマに乗っておりました。

毎日違うクルマ、軽自動車からフェラーリやベントレー、時に積載車まで乗りました。

北は北海道、南は沖縄でも乗りました。

 

事故はゼロです。(自分を原因とする、または過失割合があるもの)

 

自慢ではなく、自動車に関わる仕事なら「無事故」が当たり前と教えられます。

それでも「駐車中のドアパンチ」とかはありましたし、

信号待ちしていたら自転車やバイクがすり抜けしつつ、ドアミラーをぶつけたケースもあります。

また、自動車関係なんで他人の事故を聞きますが

 

必ず揉める。(10対0でも保険屋がごねだしたり…)

 

ってのが常識です。「自分は車線内にいた、相手が飛び出してきたんだ!」というと相手は

「いや、自分は車線内にいてあなたが車線を越えて事故になった」とか。

信号が青だから動いたら、信号無視してきて突っ込んできて…目撃者がいないとか。

たいてい「10対0で相手が悪い」場合も、証拠がないばかりに「9対1」とか「8対2」とかになります。

また、相手がタクシーやバスなど「職業ドライバー」だと保険屋は「プロと一般ドライバーでしょ?」となります。

 

 

だからこそ「ドラレコ」を付けたわけです。

万が一の際に「自分の無実を証明するため」にドラレコが必要です。

保険があるカーシェアやレンタカーでも同様で、事故の際にスッキリさせるためにも付けるのが良いでしょう。

自分が原因だとノンオペレーションチャージで数万円の請求が来る場合もありますが、

完全に相手が悪いならその費用も含めて請求が可能です。

 

 

カーシェアに向くドラレコは取付簡単・SDカード付・シガー電源

 

では、カーシェアに向くドラレコってどんなのでしょうか?

個人的に思うのは気軽に付けられ、気軽に外せることです。

 

 

ミラー一体型だと適合しないケースもあり不便です。

SDカード別売りは買ってきたらいいですが、せっかくならセットのを買いましょう。

取付も「両面テープ貼付け」や「ネジ止め」は安定する一方で、気軽に付けられないし外せません。

何よりカーシェア(借り物のクルマ)にそんな加工はできないので吸盤式でしょう。

最後に電源も取付同様「加工」ができないのでシガー電源から取れるようにしましょう。

 

金額は5千円程度からあるので、保険にでも入ったと思えば安いですし、

万が一の際にあれこれ交渉したり「俺、悪くないのに!」「私、止まってたのに」と言いつつも

ノンオペレーションチャージで5万とか払わされるのが防げるなら安いもんだと思います。

 

 

ドラレコは万能…ではない

 

ドラレコを付けたら万能か!?と言えばそうでもありません。

 

【実は役に立たない!】煽り運転対策に360度全方位ドラレコを買ってはいけない理由
後方や側面からの煽り運転対策として360度/全方位カメラが人気のようですが、実は全然役に立たないという話です。以前、360度全天球カメラで車載動画を撮影した経験から「なぜ使えないか?」と「何を買えばいいか?」をまとめました。

 

上記のような360動画の例は特殊でもありますが、

やはり限られた映像だけになるので「ドラレコ付けたらから大丈夫!」ではありません。

安全運転をこころがけつつ、煽られない運転を併用したり、

例えば歩行者や自転車とのトラブルが多い「住宅街」などを避けるのもポイントです。

 

ちなみに友人が事故をした際にかけつけた事がありますが、

その日の予定が潰れるのはもちろん、すごーく嫌な空気が流れて、

なおかつそこから保険屋や相手との交渉があり厄介です。

 

是非、楽しくカーシェアを活用し、楽しく終わるためにもドラレコは用意しましょう。

いつかカーシェアにも標準装備になっていくのかと思います。

タイトルとURLをコピーしました