カーシェアとレンタカー、どっちがお得か?カーシェアは大損!?レンタカーはオワコン!??

サービス全般

カーシェアを使っていてると稀に聞かれるのが「レンタカーよりお得!?」って事。

マイカーよりは維持費が安いのですが、一時的に借りるレンタカーと比較すると、

一長一短でもあるので、その比較の話をしてみたいと思います。

なお、主には私が使うカレコ・カーシェアリング及びタイムズカーシェアの話です。

 

 

カーシェアの利点①:短時間ですぐに借りられる

 

カーシェアを使っていて思うのは「マイカーの如く使える」ってことです。

例えば今からちょっと買い物に行きたい。でも荷物が多そうだからカーシェア使おう、とか。

家族が帰ってきたけど雨が降ってるから駅まで迎えにいこう、とか。

 

もちろん、家の近くにカーシェアがあるからこそできますが、それ以外にも旅行先で活躍します。

旅先の地方だと「移動手段はバスのみ」とか「車で来るの前提」ってケースがあります。

でも、宿泊は都市部で基本は都市部の観光地を巡っていて、一箇所だけ郊外だったら!?

そのためにレンタカーを予約しても「最低3時間から」とかになる上になります。

カーシェアなら「バスで行く予定が、のがしてしまった!次は1時間後だから車にしよう」が気軽に出来ますし、

夜食を探していたら夜中に郊外の美味しい店を発見!今から車で行こう、も可能なわけです。

また10-15分単位で借りられるので用途に合わせて色々使えます。

 

ネットでは仮眠用や会議用など「車以外の使い方」も紹介されています。

 

移動しないカーシェア 意外な使い方をする人はこう使う

移動しないカーシェア 意外な使い方をする人はこう使う
カーシェアの移動しない使い方を集めてみました。(一部移動するものあります)【宣伝】#クソカーシェアオブザイヤー 2018もどうぞ見てください

 

 

カーシェアの利点②:6時間以内は距離料金(ガソリン代)が無料のケースあり

 

カーシェアの多くは利用料(時間単位)と距離料金(移動距離)で計算をします。

例えば10分100円(利用料)で1km20円(距離料金)のサービスがあったとして、

そのサービスで3時間、40kmを走行すると以下のような請求が来ます。

 

 180分(100円✕18)+40km(20円✕40)=2,600円(利用料)

 

ただ、私が使うタイムズカーシェアやカレコ・カーシェアリングでは、

6時間以下の利用については距離料金無料という条件が付きます。

結果、6時間以下の利用は設定された利用料だけでクルマが使えるわけです。

距離料金の有無がどれだけ差が出るかを見てみましょう。価格設定は先程のままとします。

 

5時間の利用で250km走行

【距離料金あり】

300分(100円✕30)+250km(20円✕250)=8,000円

【距離料金なし】

300分(100円✕30)+250km(0円)=3,000円

 

価格差は一目瞭然だと思います。

私はよく「日帰り温泉に行く」なんて事でもカーシェアを使いますし、

例えば「IKEAに買い物」とか「コストコ行く」などでも利用します。

都心にお住まいの方はご存知でしょうが、なかなかの距離を走りますので、

この「距離料金無料」というのは圧倒的な差になるわけです。

 

カーシェアの利点③:レンタカーより予約が取りやすい

 

行楽シーズンにミニバンを借りたり、引っ越しシーズンにバンやトラックを借りたり…

レンタカーだと「あちこち電話したけどない!」って経験ありますよね。

カーシェアは基本的に「事前登録」が必要であり、レンタカーほどユーザーがいないためか

比較的予約が取りやすいように感じます。

 

G.Wとかでもギリギリで車両を確保できたり、

それこそ「夜だけ」とか使うことも可能なのはカーシェアのメリットと言えるでしょう。

 

 

カーシェアの利点④:各種手続きも楽で24時間365日営業

 

レンタカーとの違いで言えば手続きの簡単さってのもあります。

レンタカーも簡素化されてきていますが、やはり手続きに手間がかかります。

カーシェアは最初に設定した後、スマホや専用のカードだけで利用が可能です。

この手続きが楽ってのは、サービスの無人化にも成功しており、

結果「営業時間内に借りに行く。返さなきゃ」というのがなくなりました。

 

では、逆にレンタカーの利点を見てみたいと思います。

 

 

レンタカーの利点①:クルマがキレイ(清掃・メンテ・傷)

 

レンタカーは返却後に洗車や室内クリーニングを行います。

また、万が一事故等があれば補修のため貸し出し停止する場合があります。

一方、カーシェアは定期的な点検などはしているのですが、

やはり洗車や室内クリーニングは「ユーザー任せ」の部分があり、

クルマに乗ると簡単な清掃グッズがあると共に、ガソリン・洗車用カードも設置されています。

 

過去に御紹介したクルマでもあるように「傷ついたまま」とか「汚れたまま」もあり、

きれいなクルマでお迎えに行きたい際にはレンタカーの方が良かったりします。

 

【カレコ/吉祥寺】マツダCX-5(DBA-KFEP)AT・スノーフレイクホワイトパールマイカ
吉祥寺駅の近くに設置されるカレコ・カーシェアのマツダCX-5についてまとめております。クルーズコントロールやアイドリングストップ、スマートキーにバックカメラとなかなか装備満載!新型CX-5の白はいいですね~
【カレコ/市ヶ谷】マツダ アクセラスポーツ(DBA-BM5FS)AT/DCT・ジェットブラックマイカ
市ヶ谷駅から近く、日テレ通り沿いに設置されているカレコ・カーシェアリングのマツダアクセラスポーツをまとめました。燃費も走りもよく、荷物も詰めるのでお気に入りですがミドルクラス…

 

過去に二回ほど「これは無理だろ…」ってクルマを経験したことがあります。

一つは海にいったのか、室内が砂まみれでシートにも大量の砂が落ちておりキャンセルとなりました。

もう一つは「禁煙」の車両ながら喫煙されており、室内は目一杯タバコ臭くこちらもキャンセルとなりました。

レンタカーなら「今すぐ別の車両を!」ってなりますが、カーシェアはそうは行かなかったりします。

このあたりの対応の差はやはりレンタカーの方が良いと思います。

 

 

レンタカーの利点②:操作などは分かりやすい

 

個人的には昔から様々なクルマに乗っているので車の操作で悩むことはありませんが、

やはり「初めての車」となるとナビの操作やシート、ミラーの調整で悩む場合もあります。

こんなとき、先に簡単に質問できるのがレンタカーのメリットです。

 

またメリット①にも関わりますが、シートアレンジで「荷物専用」にされていて、

「人を乗せるので、自分でアレンジを戻さなくてはならない」って経験もしました。

特殊な操作があるとやっぱり人に質問をしたいものですし、

そもそもレンタカーだと「標準状態」に戻すか、ユーザーに声を掛けてくれたり、

用途を伝えることでシートアレンジを変えておいてくれたりするのもメリットです。

 

 

レンタカーの利点③:ガソリン満タン

 

先程も少し記載しましたが、カーシェアはガソリン満タンでの返却義務はありません。

定期的にスタッフが見回っているようですが、私はよく「あと4分の1以下」の車を見ます。

専用のアプリなどでガソリン残量が表示されたりもするのですが、

「1台しか空いてない!」ってときにガソリン残量がないと大変ですし、

それが「夜中」だと、電車がないから車を使いたいのにガソリンスタンドを探してから…ってなりかねません。

 

レンタカーはその手のメンテもしてくれるのがやはり便利です。

 

 

レンタカーの利点④:長時間になると安い

 

レンタカーの利点で以外と見落とされるのが長時間利用です。

例えば「全国展開」で「安価」な者同士で比較をしてみましょう。

カーシェアはタイムズ、レンタカーはニコニコレンタカーです。

 

【コンパクトカー 48時間利用(走行200km)の場合】

・タイムズ:14,190円(利用料)+3,200円(距離料金)=17,390円

>https://share.timescar.jp/fare/use.html

・ニコニコ:9,020円(利用料)+3,000円前後(ガソリン代)=12,020円

>https://www.2525r.com/price_list.php

※ガソリンはリッター10km/lで計算し、200kmで20L使用。

レギュラー150円で20L分として計算。

 

どうでしょうか、レンタカーとカーシェアで5,000円の差が開きます。

ちなみにニコニコレンタカーは更に安い軽自動車の設定もありますし、

高速道路だけ利用した場合は更に燃費が改善することでしょう。

一方のカーシェアは燃費ではなく「距離」なので、高速道路で燃費はいいけど移動距離が増えるほど

更に料金が高くなっていくという仕組みです。

 

ただ、注意したいことが二点あります。

ニコニコは発売から5年以上経過した中古車も多数貸し出されていますし、

カーシェアでは標準装備のカーナビがオプション設定(550円/24時間)となります。

充電機とスマホで処理したらそれまでですが、装備の違いもあるのはポイントです。

 

ちなみに、カーシェアと同額をレンタカーに支払う場合、

コンパクトカーの価格で7人乗りのミニバンを借りることも可能でした

 

 

レンタカーの利点⑤:営業エリアは意外と広い

 

最後に、レンタカーのメリットですがそれは営業エリアです。

レンタカーはそれこそ様々な場所で営業しています。

カーシェアがない場所でも、レンタカーはあるってケースをよく見ますし、

それこそ「海外」とか「離島」になると今なおレンタカーが圧勝です。

 

 

結局、ちょい乗りのカーシェアに遠距離のレンタカーと使い分けが重要

 

じゃあ、どっちがいいの!?って話ではありますが、

正直一長一短で「用途やその時のニーズに合わせて」ってのがポイントです。

 

極端な話かもしれませんが「レンタカーで出かけて、突如荷物を積みたいから一時的にカーシェア」とか、

組み合わせることだってあるかと思います。

長距離移動は大きな車、人数が乗れるクルマが便利ですが、

例えば友人複数で出かけて「別々の行動をする日」があればそこでカーシェアが活躍するかもしれません。

はたまた「大型車で動くのは不便」とコンパクトカーや軽自動車を現地で使うかもしれません。

 

個人的には6時間以下の移動ならカーシェア、

6時間以上の移動なら基本はレンタカーとしております。

もちろん乗りたい車種があったりしたらカーシェアで長時間利用もしますし、

レンタカーがないからカーシェアでいいか!ってケースもありました。

 

ですから、両方のメリットを理解してうまく使いこなすのが一番であり、

決して「カーシェアはレンタカーに劣る」とか「レンタカーはだめだ!」ってのはありません。

是非、うまく両方を活用していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました